昇仙峡でヘンテコカンテ

昇仙峡へBBさんとTNさんと

先週の寒さにビビって瑞牆はやめて暖かそうな昇仙峡にしました。

でも昇仙峡のボルダーエリアは谷筋でそこそこ寒かった。

 

 大ハングを目指してそこそこの距離、谷を詰めます。

f:id:kon_van:20181217201436j:plain

大ハング

大ハング、下から見ると大きく見えます。

 

大ハングはトライせずヘンテコカンテ(1級)に行きます。

この課題以前にロジャーさんから

『吉田さんオススメの課題、ムーブがあって面白い』と教えてもらって、気になってだんです。

トライしてみると1手目から難しい、何度かトライして解決。

それにしても、昇仙峡の岩はのっぺりしていてホールドが無い、それでいてガビガビしているので指皮が持っていかれる。1トライ1トライを大切にしていかないとすぐに終わってしまいそうで、無駄にトライができない。いい緊張感です。

お昼まで粘って結局登れず諦めて移動、

 

上にあるマントル(初段)をBBさんが見つけてトライします。

f:id:kon_van:20181217205035j:plain

マントル

見栄えしないし、マントル返すだけだし、気が進まないと思っていたけどやってみると面白い。

それだけを1時間トライして完登。足に如何に乗り込むか重心移動が大事でした。

一日で初段が登れたのは始めてだ。満足。

その後は『古え人(1級)』をトライしていいところまでいったけど登れず。